全世界での祝日やお祝い
ポルトガル, ポルトガル (アゾレス諸島), ポルトガル (マデラ), 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。

linkスイス(オブヴァルデン-エンゲルベルク) : 祝日、銀行休業日、休校日

スイス(オブヴァルデン-エンゲルベルク) : 3ヶ月間の祝日、銀行および証券取引所の休業日、見本市、文化・スポーツイベント、行事、カーニバル、選挙に関するスケジュール完全版

  • 通貨: Franc (CHF)
  • 週末:土曜日と日曜日
  • これらの言語を翻訳する必要があれば:: ドイツ語 (5カ国で9000万スピーカー), フランス語 (30カ国で7500万スピーカー), イタリア語 (4カ国で6500万スピーカー), 方言, ロマンシュ語 (060万スピーカー) ...
    Edit までご連絡ください
  • 日付種類
    2023 6月 金曜日 30ÏÄÐÝ¤ß (ʼ¤á)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 8月 火曜日 1公的休日国家的記念日
    view more
    2023 8月 月曜日 14マトミン、゚ 」ィスKチヒ」ゥ上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 10月 金曜日 6秋休み (始め)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 10月 月曜日 30秋の休日 (終わり)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 12月 水曜日 6セントニコラスポストカード花
    view more
    2023 12月 金曜日 22クリスマスの休日 (始め)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 12月 月曜日 25クリスマスの日カトリックやプロテスタント
    view more

    ÏÄÐÝ¤ß (ʼ¤á)

    -
    2023 6月 金曜日 30
    学校の休み :

    公的休日

    -
    2023 8月 火曜日 1
    世俗的な休日 : Instaured at the end of the XIX century. The date refers to an agreement made at the beginning of August 1291 between Uri, Schwyz and Nidwalden. Traditional observance includes bonfires on the the mountains and celebrations in the communities, occasions for patriotic speeches. Modern observance, fostered by the Tourist offices, include fireworks.

    マトミン、゚ 」ィスKチヒ」ゥ

    -
    2023 8月 月曜日 14
    学校の休み :

    秋休み (始め)

    -
    2023 10月 金曜日 6
    学校の休み :

    秋の休日 (終わり)

    -
    2023 10月 月曜日 30
    学校の休み :

    セントニコラス

    -
    2023 12月 水曜日 6
    ポストカード花 : A festival for children related to surviving legends of the saint, and particularly his reputation as a bringer of gifts.

    クリスマスの休日 (始め)

    -
    2023 12月 金曜日 22
    学校の休み :

    クリスマスの日

    -
    2023 12月 月曜日 25
    カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). Germanic tribes also celebrated mid-winter (drinking and rituals). The Bulgarian (with Koleduvane) and the Polish (with Gwiazdka) perpetuate this tradition. Jesus of Nazareth was probably born in springtime. But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I. Thus, a Christian element was introducedin the long-established mid-winter festivals.