全世界での祝日やお祝い

マレーシア(テレンガヌ) - 1970年から2070年までの世界の祝日

link

1970年から2070年までの世界の祝日(銀行休業日含む)カレンダー for マレーシア(テレンガヌ)


通貨: Ringgit (MYR)

これらの言語を翻訳する必要があれば:: 英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー), 方言, マレー語、インドネシア (4カ国で1.9億スピーカー), ダヤック人 ...
Edit までご連絡ください
日付種類
2022 7月 土曜日 9アラファの日イスラム教
view more
2022 7月 日曜日 10ハリラヤハジイスラム教
view more
2022 7月 月曜日 11ハリラヤハジイスラム教
view more
2022 7月 火曜日 12ハリラヤハジイスラム教
view more
2022 7月 土曜日 30イスラム暦新年イスラム教
view more
2022 7月 日曜日 31アーリー・ムハラム (マール・ヒジュラ)イスラム教
view more
2022 8月 ?…—j“ú 31独立記念日国家的記念日
view more
2022 9月 木曜日 1中期休暇 (始め)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2022 9月 金曜日 16マレーシア建国記念日世俗的な休日
view more
2022 10月 日曜日 9預言者の誕生日 (この日の前後に変わる場合もあります)イスラム教
view more
2022 10月 月曜日 24ディーパバリヒンズー教
view more
2022 12月 金曜日 9中期的な休日 (終わり)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2022 12月 日曜日 25クリスマスの日カトリックやプロテスタント
view more

アラファの日

-
2022 7月 土曜日 9
イスラム教 :

ハリラヤハジ

-
2022 7月 日曜日 10
イスラム教 : Also written Id al'Adha (or Eid Al-Adha) is the Feast of the Sacrifice , the second main celebration of Islam. It takes place on the tenth day of the twelfth -- last month of the Islamic calendar and celebrates Abraham's (also written Ibrahim) willingness to sacrifice his son in obedience to God. Muslims make their annual pilgrimage, or the Hajj , to Makkah (Mecca) in Saudi Arabia.

ハリラヤハジ

-
2022 7月 月曜日 11
イスラム教 :

ハリラヤハジ

-
2022 7月 火曜日 12
イスラム教 :

イスラム暦新年

-
2022 7月 土曜日 30
イスラム教 :

アーリー・ムハラム (マール・ヒジュラ)

-
2022 7月 日曜日 31
イスラム教 :

独立記念日

-
2022 8月 ?…—j“ú 31
世俗的な休日 : 1957年に英国から独立を認められる paid holiday when falling on a Saturday

中期休暇 (始め)

-
2022 9月 木曜日 1
学校の休み :

マレーシア建国記念日

-
2022 9月 金曜日 16
世俗的な休日 : Commemorates the establishment of the Malaysian federation on the same date in 1963 paid holiday when falling on a Saturday, except in Johor, Terrenganu, Kedah, Kelantan

預言者の誕生日 (この日の前後に変わる場合もあります)

-
2022 10月 日曜日 9
イスラム教 :

ディーパバリ

-
2022 10月 月曜日 24
ヒンズー教 : Diwali also called the festival of lights , is an ancient Hindu festival which signifies the victory of light over darkness, knowledge over ignorance, good over evil, and hope over despair.

中期的な休日 (終わり)

-
2022 12月 金曜日 9
学校の休み :

クリスマスの日

-
2022 12月 日曜日 25
カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). Germanic tribes also celebrated mid-winter (drinking and rituals). The Bulgarian (with Koleduvane) and the Polish (with Gwiazdka) perpetuate this tradition. Jesus of Nazareth was probably born in springtime (Reformists favour autumn). But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I (Bishop Liberus is also mentioned in 354 A.D.). Thus, a Christian element was introduced in the long-established mid-winter festivals. Before 1582, the Papal States and other Italian city states celebrated New Year痴 Day on Christmas Day.