全世界での祝日やお祝い

ナイジェリア(イモ) - 1970年から2070年までの世界の祝日

link

1970年から2070年までの世界の祝日(銀行休業日含む)カレンダー for ナイジェリア(イモ)


通貨: Naira (NGN)
イスラム法(シャリア)は、ソコト、カツィナ、ジガワ、ヨベ、ボルノ、ゴンベ、バウチュウ、カノ、カドゥナ、ニジェール、ケビの北部の州で適用されます。
これらの言語を翻訳する必要があれば:: 英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー), ハウサ語 (3500万スピーカー), イボ (1600万スピーカー), 方言, フラニ語, ヨルバ語 (2000万スピーカー), Balabar ...
Edit までご連絡ください
日付種類
2022 7月 日曜日 10犠牲の饗宴イスラム教
view more
2022 7月 月曜日 11犠牲の饗宴(最も近い日に変更することができます)イスラム教
view more
2022 7月 火曜日 12犠牲の饗宴(最も近い日に変更することができます)イスラム教
view more
2022 9月 月曜日 12ѧÄê¤Î³õ¤á上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2022 10月 土曜日 1犠牲の饗宴イスラム教
view more
2022 10月 月曜日 3国民の休日国家的記念日
view more
2022 10月 ?…—j“ú 5世界教師の日行事、お祝い...
view more
2022 12月 金曜日 16クリスマスの休日 (始め)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2022 12月 日曜日 25クリスマスの日カトリックやプロテスタント
view more
2022 12月 月曜日 26クリスマスの贈物日カトリックやプロテスタント
view more
2022 12月 火曜日 27クリスマスの日カトリックやプロテスタント
view more

犠牲の饗宴

-
2022 7月 日曜日 10
イスラム教 : The second main celebration of Islam. It celebrates Abraham¥'s willingness to sacrifice his son in obedience to God. Muslims make their annual pilgrimage, or the ¥ Hajj¥ , to Makkah (Mecca) in Saudi Arabia.

犠牲の饗宴(最も近い日に変更することができます)

-
2022 7月 月曜日 11
イスラム教 : また、イド・アル・アダ(またはイード・アル・アダ)は、イスラームの第二の主要な祝典である 犠牲の饗宴 と書かれています。それは12日目の10日目に行われます - イスラム暦の先月、神に従って息子を犠牲にするアブラハム(また書かれたイブラヒム)の意欲を祝います。イスラム教徒は、サウジアラビアのマッカ(メッカ)への毎年の巡礼、または Hajj を行います。

犠牲の饗宴(最も近い日に変更することができます)

-
2022 7月 火曜日 12
イスラム教 : また、イド・アル・アダ(またはイード・アル・アダ)は、イスラームの第二の主要な祝典である 犠牲の饗宴 と書かれています。それは12日目の10日目に行われます - イスラム暦の先月、神に従って息子を犠牲にするアブラハム(また書かれたイブラヒム)の意欲を祝います。イスラム教徒は、サウジアラビアのマッカ(メッカ)への毎年の巡礼、または Hajj を行います。

ѧÄê¤Î³õ¤á

-
2022 9月 月曜日 12
学校の休み :

犠牲の饗宴

-
2022 10月 土曜日 1
イスラム教 : The second main celebration of Islam. It celebrates Abraham¥'s willingness to sacrifice his son in obedience to God. Muslims make their annual pilgrimage, or the ¥ Hajj¥ , to Makkah (Mecca) in Saudi Arabia.

国民の休日

-
2022 10月 月曜日 3
世俗的な休日 : 1960年に英国から独立を認められた

世界教師の日

-
2022 10月 ?…—j“ú 5
文化 :

クリスマスの休日 (始め)

-
2022 12月 金曜日 16
学校の休み :

クリスマスの日

-
2022 12月 日曜日 25
カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). Germanic tribes also celebrated mid-winter (drinking and rituals). The Bulgarian (with Koleduvane) and the Polish (with Gwiazdka) perpetuate this tradition. Jesus of Nazareth was probably born in springtime. But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I. Thus, a Christian element was introducedin the long-established mid-winter festivals.

クリスマスの贈物日

-
2022 12月 月曜日 26
カトリックやプロテスタント :

クリスマスの日

-
2022 12月 火曜日 27
カトリックやプロテスタント :