全世界での祝日やお祝い

フランス領ギアナ : 3ヶ月間の祝日、銀行および証券取引所の休業日、見本市、文化・スポーツイベント、行事、カーニバル、選挙に関するスケジュール完全版

  • 通貨: Euro (EUR)
  • Internet domain: .gf - Telephone code: +594 - International dialing code: 00
  • 週末:土曜日と日曜日
  • これらの言語を翻訳する必要があれば:: フランス語 (30カ国で7500万スピーカー), 方言, 多気タキ(050万スピーカー) ...
    Edit までご連絡ください
  • 日付種類
    2023 1月 日曜日 1元旦世俗的な休日
    view more
    2023 1月 火曜日 3クリスマス休暇 (終了)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 2月 土曜日 18カーニバルホリデー(始まり)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 2月 月曜日 20オプションの橋の日世俗的な休日
    view more
    2023 2月 火曜日 21カーニバルカトリック
    view more
    2023 2月 水曜日 22灰の水曜日カトリックやプロテスタント
    view more
    2023 3月 月曜日 6カーニバルホリデー(終了)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 3月 日曜日 19スペースマラソンスポーツイベント
    view more
    2023 4月 水曜日 5イースター休日 (初め)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 4月 金曜日 7オプションの休日カトリックやプロテスタント
    view more
    2023 4月 金曜日 7慣習的の休日世俗的な休日
    view more
    2023 4月 日曜日 9イースターサンデーカトリックやプロテスタント
    view more
    2023 4月 月曜日 10イースターマンデーカトリックやプロテスタント
    view more
    2023 4月 木曜日 20イースター休暇 (終了)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 5月 月曜日 1労働者の日世俗的な休日
    view more
    2023 5月 月曜日 81945年の戦勝記念日世俗的な休日
    view more
    2023 5月 水曜日 17昇天日休暇(始まり)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 5月 木曜日 18昇天祭カトリックやプロテスタント
    view more
    2023 5月 月曜日 22昇天日休暇(終わり)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 5月 金曜日 26ペンテコステの休日(始まり)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 5月 日曜日 28聖霊降臨祭カトリックやプロテスタント
    view more
    2023 5月 月曜日 29聖霊降臨祭の月曜日カトリックやプロテスタント
    view more
    2023 5月 火曜日 30ペンテコステの休日(終了)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 6月 土曜日 10奴隷制度の廃止世俗的な休日
    view more
    2023 6月 日曜日 11ë_Êô¤ÎŽüÖ¹上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 7月 土曜日 8夏休み(初)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2023 7月 金曜日 14パリ祭国家的記念日
    view more

    元旦

    -
    2023 1月 日曜日 1
    世俗的な休日 : 元日(がんじつ)は、年の最初の日、日付は1月1日(改暦前は旧暦1月1日)。 土曜日または日曜日に落ちる有給休暇

    クリスマス休暇 (終了)

    -
    2023 1月 火曜日 3
    学校の休み : Www.ac-guyane.fr
    official calendar gazetted by the Ministry of Education
    all study programs are aligned with the requirements of the Bologna Process
    PISA ranking (average 493): 495
    School day duration: 8:00 hours
    Schooling is mandatory till age 16
    Usually no school on Saturday
    School uniform usually required

    We carry confirmed dates till August 2023; Further dates are projected dates based on previous years

    Please note that authorities may take last-minute decisions; please double-check if this information is vital to you
    Make a Paypal donation of euros 50 to [email protected] to purchase the full calendar for 5 countries, including Guianese schools
    Contact [email protected] to purchase a file containing confirmed calendars of 550 countries and regions.

    カーニバルホリデー(始まり)

    -
    2023 2月 土曜日 18
    学校の休み :

    オプションの橋の日

    -
    2023 2月 月曜日 20
    世俗的な休日 :

    カーニバル

    -
    2023 2月 火曜日 21
    カトリック : Called 'festa mel' in Brazil. in St Martin (French side): end 3 weeks of festivities.

    灰の水曜日

    -
    2023 2月 水曜日 22
    カトリックやプロテスタント : Christian observance to begin the 40 day season of Lent. Ashes are marked on worshippers as a sign of penitence.

    カーニバルホリデー(終了)

    -
    2023 3月 月曜日 6
    学校の休み :

    スペースマラソン

    -
    2023 3月 日曜日 19
    スポーツイベント : in Kourou 2023 edition confirmed

    イースター休日 (初め)

    -
    2023 4月 水曜日 5
    学校の休み :

    オプションの休日

    -
    2023 4月 金曜日 7
    カトリックやプロテスタント : Good Friday

    慣習的の休日

    -
    2023 4月 金曜日 7
    世俗的な休日 :

    イースターサンデー

    -
    2023 4月 日曜日 9
    カトリックやプロテスタント : Not a paid holiday

    イースターマンデー

    -
    2023 4月 月曜日 10
    カトリックやプロテスタント : ¥"

    イースター休暇 (終了)

    -
    2023 4月 木曜日 20
    学校の休み :

    労働者の日

    -
    2023 5月 月曜日 1
    世俗的な休日 : 1886年5月1日土曜日 シカゴ: 労働者350000名が1日の労働時間を8時間にすることを要求しストライキをおこす。全産業は全国的に麻痺した。月曜日には、警察が発砲。 28日、シカゴで再びストライキ。爆弾を発射した上、警察は発砲を開始した。 12名の死者のうち7名は警察官であった。 1889年にパリで社会主義国際運動の会談が行なわれ、この日を 国際的な労働者の日 にすると宣言した 。ソ連はナチスに従って同じ決断を下した。フランスでは、ヴィシー政権( 1940-1944 )の下で、 労働者の日 と改称され祝われた。

    1945年の戦勝記念日

    -
    2023 5月 月曜日 8
    世俗的な休日 : On the 7th of May 1945, at 2:41, a first act of German surrender was signed in Reims. The fighting stopped at 23:01, on the 8th of May, French time. The news was only officially broadcast in France the next day. Therefore, on the 8th of May, at 15:00, the bells of all of the churches in France officially rang out the end of the war, whilst General de Gaulle announced it on the radio. We have won the war. Victory is ours.

    昇天日休暇(始まり)

    -
    2023 5月 水曜日 17
    学校の休み :

    昇天祭

    -
    2023 5月 木曜日 18
    カトリックやプロテスタント : Forty days after Easter, always on a Thursday. After his resurrection, Jesus appeared before his disciples and gathered them to tell them to baptize and spread the good word. He then ascended to heaven on a cloud.

    昇天日休暇(終わり)

    -
    2023 5月 月曜日 22
    学校の休み :

    ペンテコステの休日(始まり)

    -
    2023 5月 金曜日 26
    学校の休み :

    聖霊降臨祭

    -
    2023 5月 日曜日 28
    カトリックやプロテスタント : Not a paid holiday

    聖霊降臨祭の月曜日

    -
    2023 5月 月曜日 29
    カトリックやプロテスタント : Seven weeks after Easter Monday -Marking the day the Holy Spirit entered the disciples left behind and the beginning of their ministry. Not a paid holiday. Due to a succession of gazetted decrees, this day MAY STILL BE A WORKING DAY in some institutions or businesses. Please double check.

    ペンテコステの休日(終了)

    -
    2023 5月 火曜日 30
    学校の休み :

    奴隷制度の廃止

    -
    2023 6月 土曜日 10
    世俗的な休日 : Abolition of Slavery Day in French Overseas Territories: May 27 in Guadeloupe, May 22 in Martinique, June 10 in Guiana, Dec. 20 in R騏nion Island, April 27 in Mayotte, May 23 in Metropolitan France (where it is not a public holiday) In fact, the second abolition decree was signed in Paris by Victor Schoelcher on April 27, 1848. The first decree had been signed in Paris by the French Revolution on Feb. 4, 1794, but had been cancelled by Napoleon on May 20, 1802. Not a paid holiday

    ë_Êô¤ÎŽüÖ¹

    -
    2023 6月 日曜日 11
    学校の休み :

    夏休み(初)

    -
    2023 7月 土曜日 8
    学校の休み :

    パリ祭

    -
    2023 7月 金曜日 14
    世俗的な休日 : (フェト・ナスィオナル・フランセーズ、フランス国民祭または国祭)である。しばしば「Quatorze Juillet」または「14(Quatorzeの数字化)—¥」(カトルズ・ジュイェ、7月14日)とも呼ぶ。 「パリ祭」は日本だけの呼び名である。これは、ルネ・クレール監督の映画 Quatorze Juillet が邦題『巴里祭』として公開されヒットしたためで、邦題を考案したのは、この映画を輸入し配給した東和商事社長川喜多長政たちである。読み方について、今日では「ぱりさい」が一般的だが、長政の妻・かしこは「名付けた者の気持ちとしてはパリまつりでした」[1]と語っている。当時の観客の大半も「パリまつり」と呼んでいたという[1]。荻昌弘もまた「私の感覚では、これはどうあってもパリまつり、だ」と述べている。「巴里祭」「パリ祭」は多くの『歳時記』の夏の季語となっている。 また、英語圏では、バスティーユ襲撃の歴史を重視して、「Bastille day」(バスティーユ・デイ)という Paid holiday when falling on Saturday or Sunday