全世界での祝日やお祝い
インド, インド (アッサム), インド (アルナチャル・パラデシュ), 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。

インド (デリー) : 祝日、銀行休業日、休校日

link

インド (デリー) : 3ヶ月間の祝日、銀行および証券取引所の休業日、見本市、文化・スポーツイベント、行事、カーニバル、選挙に関するスケジュール完全版


通貨: Rupee (INR)

週末:土曜日と日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:: 英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー), ベンガル語、アッサム語 (1.8億スピーカー), ヒンディー語 (2億スピーカー), パンジャブ語 (85百万のスピーカー), タミール語 (5500万スピーカー), テルグ語(70百万のスピーカー) ...
Edit までご連絡ください
日付種類
2022 8月 月曜日 15独立記念日国家的記念日
view more
2022 8月 金曜日 19クリシュナ神御降誕祭ヒンズー教
view more
2022 8月 ?…—j“ú 31銀行は営業中銀行は閉まっている
view more
2022 8月 ?…—j“ú 31ガネーシャチャトゥルティ祭ヒンズー教
view more
2022 9月 金曜日 16オプションの休日ヒンズー教
view more
2022 9月 金曜日 30中期休暇 (休暇の始め)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2022 9月 金曜日 30銀行目録銀行は閉まっている
view more
2022 10月 月曜日 24ディーパバリヒンズー教
view more
2022 10月 日曜日 30チャットヒンズー教
view more
2022 12月 日曜日 25クリスマスの日カトリックやプロテスタント
view more
2022 12月 金曜日 30ÄêÄ©Äêʼ £¨é_ʼ£©上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2023 1月 土曜日 14リヨンでのストリート & 公共照明行事、お祝い...
view more
2023 1月 月曜日 16ÄêÄ©Äêʼ £¨½KÁË£©上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2023 1月 木曜日 26共和国記念日世俗的な休日
view more
2023 2月 日曜日 5ヒンドゥー教の祭りヒンズー教
view more

独立記念日

-
2022 8月 月曜日 15
世俗的な休日 : インドが英国の支配からの自由を達成した1947年の日を記念しています

クリシュナ神御降誕祭

-
2022 8月 金曜日 19
ヒンズー教 : Hindu celebration of the birthday of Sri Krishna, an incarnation of Lord Krishna. Sweets, fruits and milk products are available in abundance. Sri or Shree: A prefix denoting auspiciousness

銀行は営業中

-
2022 8月 ?…—j“ú 31
銀行は閉まっている :

ガネーシャチャトゥルティ祭

-
2022 8月 ?…—j“ú 31
ヒンズー教 : During ten days, Hindus must prepare the celebration at home この日に・大なゾウの偶像の前にはダンサ?[と音楽家がいる?B

オプションの休日

-
2022 9月 金曜日 16
ヒンズー教 : Third Onam

中期休暇 (休暇の始め)

-
2022 9月 金曜日 30
学校の休み :

銀行目録

-
2022 9月 金曜日 30
銀行は閉まっている :

ディーパバリ

-
2022 10月 月曜日 24
ヒンズー教 : The Light festival starts with festivities. The week celebrates 1.Dhanteras, 2.Kali Chaudas, 3.Deepavali, 4.Navu-Varsha (new year), 5.Bhai-beej. The Vai cast is mainly concerned. May last several days

チャット

-
2022 10月 日曜日 30
ヒンズー教 : Dedicated to the Hindu Sun God, Surya, also known as Surya Shashti.

クリスマスの日

-
2022 12月 日曜日 25
カトリックやプロテスタント : ヨーロッパの先史時代から、お祭り(たき火、オフリング)は、火と儀式でより長い日照時間の始まりをマークしていました。サトゥルナリアのローマの祭りは12月に数日間続きました(ギャンブルと供物)。 ナザレのイエスはおそらく春に生まれました。しかし、4世紀には、12月25日が教皇ユリウス1世によって彼の誕生を祝うために選ばれました。このように、キリスト教の要素は、古くからある真冬の祭りに導入されました。

ÄêÄ©Äêʼ £¨é_ʼ£©

-
2022 12月 金曜日 30
学校の休み :

リヨンでのストリート & 公共照明

-
2023 1月 土曜日 14
文化 : Lohri: パンジャブの文化を祝う冬至の前夜に

ÄêÄ©Äêʼ £¨½KÁË£©

-
2023 1月 月曜日 16
学校の休み : Http://edudel.nic.in
official calender gazetted by the Ministry of Education
Schooling is mandatory till age 14
Teaching languages: Hindi, English
Number of yearly teaching days: 220
Schools close on Saturday
School uniforms required

Dates confirmed till Feb 2023

Please note that authorities may take last-minute decisions; please double-check if this information is vital to you
Make a Paypal donation of euros 50 to [email protected] to purchase the full calendar for 5 countries, including Delhi schools
Contact [email protected] to purchase a file containing confirmed calendars of 550 countries and regions.

共和国記念日

-
2023 1月 木曜日 26
世俗的な休日 : It was the Lahore Session of the Indian National Congress at midnight of December 31, 1929 - January 1, 1930, that the Tri-Colour Flag was unfurled by the nationalists and a pledge taken that every year on January 26, the Independence Day would be celebrated and that the people would unceasingly strive for the establishment of a Sovereign Democratic Republic of India. The professed pledge was successfully redeemed on January 26, 1950, when the Constitution of India framed by the Constituent Assembly of India came into force, although the Independence from the British rule was achieved on August 15, 1947. It is because of this that August 15 is celebrated as Independence Day, while January 26 as Republic Day. www.indiaa2z.com

ヒンドゥー教の祭り

-
2023 2月 日曜日 5
ヒンズー教 : Guru or Bhagat Ravidas (also Raidas) was a north Indian Sant mystic of the bhakti movement who was active in the 15th century CE. Venerated in northern India and in the Indian state of Maharashtra, he is the Satguru of the Ravidasi sect and one of the fifteen Bhagats of the Sikhs. His devotional songs and verses made a lasting impact upon the bhakti movement.