全世界での祝日やお祝い
スロベニア, モザンビーク, 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。

3ヶ月間の世界の休校日、証券取引所、銀行、管理課の休業日、および祝日カレンダー Thursday, 4月 18, 2024

日付国名
2024 4月 木曜日 18linkエクアドル休日
view more
2024 4月 木曜日 18linkクロアチアRally Championship
view more
2024 4月 木曜日 18linkラオス証券取引所ラオスの新年
view more
2024 4月 木曜日 18linkブータン(南)シャブドルングクチョエ
view more
2024 4月 木曜日 18linkジンバブエ証券取引所独立記念日
view more
2024 4月 木曜日 18linkブータン(東)シャブドルングクチョエ
view more
2024 4月 木曜日 18linkブータン(セントラル州)シャブドルングクチョエ
view more
2024 4月 木曜日 18linkブータンシャブドルングクチョエ
view more
2024 4月 木曜日 18linkブータン(西)シャブドルングクチョエ
view more
2024 4月 木曜日 18linkイスラエルアリーヤー
view more
2024 4月 木曜日 18linkシリアスフ次、ホネユ
view more
2024 4月 木曜日 18linkヴェトナムハング王記念
view more
2024 4月 木曜日 18linkベトナム証券取引所ハング王記念
view more
2024 4月 木曜日 18linkラオスラオスの新年
view more
2024 4月 木曜日 18linkドイツ (デン-ウュルテンベルク)エアロ-一般航空の国際見本市
view more
2025 4月 金曜日 18linkジンバブエ独立記念日
view more
there
link

休日 - エクアドル

2024 4月 木曜日 18
世俗的な休日 : Due to powwer shortage
there
link

Rally Championship - クロアチア

2024 4月 木曜日 18
スポーツイベント : Https://www.wrc.com/ Junior WRC 2024 edition confirmed
there
ホーム

ラオスの新年 - ラオス証券取引所

2024 4月 木曜日 18
金融機関 :
there
link

シャブドルングクチョエ - ブータン(南)

2024 4月 木曜日 18
世俗的な休日 : のShabdrung (またはZhabdrung ) tulkuの最も重要な系統、チベットのダライラマの系統に相当する。
there
ホーム

独立記念日 - ジンバブエ証券取引所

2024 4月 木曜日 18
金融機関 :
there
link

シャブドルングクチョエ - ブータン(東)

2024 4月 木曜日 18
世俗的な休日 : のShabdrung (またはZhabdrung ) tulkuの最も重要な系統、チベットのダライラマの系統に相当する。
there
link

シャブドルングクチョエ - ブータン(セントラル州)

2024 4月 木曜日 18
世俗的な休日 : のShabdrung (またはZhabdrung ) tulkuの最も重要な系統、チベットのダライラマの系統に相当する。
there
link

シャブドルングクチョエ - ブータン

2024 4月 木曜日 18
世俗的な休日 : のShabdrung (またはZhabdrung ) tulkuの最も重要な系統、チベットのダライラマの系統に相当する。
there
link

シャブドルングクチョエ - ブータン(西)

2024 4月 木曜日 18
世俗的な休日 : のShabdrung (またはZhabdrung ) tulkuの最も重要な系統、チベットのダライラマの系統に相当する。
there
link

アリーヤー - イスラエル

2024 4月 木曜日 18
文化 : アリーヤーもしくはアリヤー(ヘブライ語: עלייה、『上ること』の意味)は、ユダヤ人によるエレツ・イスラエル(en:Eretz Israelイスラエルの地)への移民を言う。アリヤーはシオニズム思想の根本的な教義である。 反対に、ユダヤ人がイスラエルから移民することをイェリダー(ヘブライ語: ירידה、『下ること』の意味)という。
there
ホーム

スフ次、ホネユ - シリア

2024 4月 木曜日 18
文化 :
there
ホーム

ハング王記念 - ヴェトナム

2024 4月 木曜日 18
世俗的な休日 : Hung Kings founded the first state of Vietnam named Van Lang
there
ホーム

ハング王記念 - ベトナム証券取引所

2024 4月 木曜日 18
金融機関 :
there
ホーム

ラオスの新年 - ラオス

2024 4月 木曜日 18
世俗的な休日 : Piの舞は「新年」を意味します。水との歳の罪の儀式クレンジング離れ。寺院は訪問されると仏のは洗浄され、巨大な水の戦いが始まります。誰も水風船と水銃を装備したギャングから安全ではありません。 3日間ビエンチャンや他の町の通常通りが酔っおよび/または薬漬けの人といっぱいです。 Paid holiday when falling on Saturday or Sunday
there
link

エアロ-一般航空の国際見本市 - ドイツ (デン-ウュルテンベルク)

2024 4月 木曜日 18
トレードショー : Www.aero-friedrichshafen.com lasts 4 days - in Friedrichshafen 2025 edition confirmed
there
link

独立記念日 - ジンバブエ

2025 4月 金曜日 18
世俗的な休日 : On this day in 1980, Southern-Rhodesia gained independence from the British, changing the name into Zimbabwe (based on a Shona term for Great Zimbabwe , an ancient ruined city in the country's south-east the remains of which are now a protected site). キ The day marked the end of racial segregation. キ In the ninety year span that Zimbabwe was a colony, it was administered by the British South African Company (BSAC) under the name Rhodesia and the Responsible Government under the name Southern Rhodesia. Both administrative systems were under the British monarchy. キ In 1965, Zimbabwe became autonomous and was led by a white segregationist government after Ian Smith made a Unilateral Declaration of Independence (UDI) from Britain. This was after the British government had made majority rule a condition for the independence of Rhodesia from Britain. キ Smith followed the UDI by declaring Rhodesia a Republic, which however, did not have international recognition. キ From June 1979, the Republic of Southern Rhodesia was replaced by Zimbabwe-Rhodesia. Lacking international recognition, after about three months, the country was taken back into the hands of Britain, as per the Lancaster House Agreement which was meant to facilitate transition. キ The country once again became a British colony known as Southern Rhodesia. キ In the April 1980 elections, Robert Mugabe, head of the Zimbabwe African National Union (ZANU) won the majority and became the Prime Minister of Zimbabwe.